目次

内容

インストール手順

  • CentOS5.2、Python2.4の場合
  • もちろんroot権限が必要

関連パッケージ

  • yumを使ってrpmでインストール
    # yum -y install python-setuptools
    # yum -y install sqlite
    # yum -y install python-sqlite
    # yum -y install mod_python
  • Pythonのライブラリ
    # easy_install Pygments
    # easy_install Genshi

Trac-jaのインストール

  • インターアクトのWebサイトから取得してインストール(バージョンは適宜変更)
    # wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.12.3.ja2.zip
    # easy_install --always-unzip Trac-0.12.3.ja2.zip
  • 動作チェック
    # trac-admin help

Trac Environmentの構築

  • ディレクトリの準備
    # mkdir /var/trac
    $ cd /var/trac
  • 環境構築
    # trac-admin myproj initenv
    • プロジェクト名、SQLiteやSVNの環境構築
    • 問題なければ/var/trac/myprojが作成される

Web公開

  • キャッシュファイルを作成するディレクトリを用意
    # mkdir /var/trac/.egg-cache
    # chmod a+w /var/trac/.egg-cache
  • DBファイルのパーミッション権限 [#ea9e50d5]
    # chmod a+w /var/trac/cs_div/db/trac.db
  • httpd.confの編集 [#m45eea75]
    <Location /trac>
      SetHandler mod_python
      PythonInterpreter main_interpreter
      PythonHandler trac.web.modpython_frontend
      PythonOption TracUriRoot /trac
      PythonOption TracEnvParentDir /var/trac/
    </Location>
  • 編集後に再起動は必要

各種設定

ユーザ管理

  • htpasswdファイルの新規作成
    # htpasswd -c /var/trac/.htpasswd taro
    # New password:
    # Re-type new password:
    # Adding password for user taro
  • BASIC認証の有効化 [#y85cf716]
  • httpd.confに次を追加
    <LocationMatch /trac/[^/]+/login>
      AuthType Basic
      AuthName Trac
      AuthUserFile /var/trac/.htpasswd
      Require valid-user
    </LocationMatch>
  • 終わったらhttpdを再起動する

管理者ユーザの追加

  • tracの各種設定を変更できるユーザ
    # trac-admin /path/to/projenv permission add bob TRAC_ADMIN

項目名等の変更

  • /usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.11.5.ja1-py2.4.egg/trac/util/translation.py を適宜編集
  • 作業が終わったらhttpdを再起動

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (446d)