目次

CentOSのRPMを利用する場合

  • 注意:gcc-javaのRPMが必要になるため、お勧めできない
    SunのJVMを使う方法があったので、こちらのほうがお勧め

参考情報

インストール手順

Sun Javaをインストール

  • サイトからJDKのパッケージを落としておく

Tomcatをインストール

  • Yumを利用する。gcc-javaが一緒にインストールされるが無視
    # yum -y install tomcat5 tomcat5-admin-webapps tomcat5-webapps xml-commons-apis
  • 「/etc/sysconfig/tomcat5」と「/etc/tomcat5/tomcat5.conf」を次のように修正
    JAVA_HOME="/usr/java/defalut/"

httpdのインストール

  • httpdがインストールされてない場合
    # yum -y install httpd
    # yum -y install httpd-devel
  • /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf に下記を追加
    ProxyPass /tomcat/ ajp://localhost:8009/
    ProxyPass /examples/ ajp://localhost:8009/jsp-examples/

起動&自動起動設定

# /etc/init.d/httpd start
# chkconfig httpd on
# /etc/init.d/tomcat5 start
# chkconfig tomcat5 on

URLにアクセスして動作確認

管理画面を利用する場合

  • /etc/tomcat5/tomcat-users.xmlに次を追加
    <user username="admin" password="admin" roles="admin"/>
  • /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf に下記を追加
    ProxyPass /admin/ ajp://localhost:8009/admin/
  • 再起動
    # /etc/init.d/tomcat5 start
  • URLにアクセスして動作確認

関連ファイルのパス

  • CATALINA_HOME
    • /var/lib/tomcat5
  • 設定ファイル
    • /etc/tomcat5 以下

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (442d)