目次

作業手順

参考情報

注意

  • 作業はrootで行うこと!

パッケージをインストール(up2date版)

# up2date -i samba
# up2date -i samba-swat

swatを起動できるように設定

service swat
{
        port            = 901
        socket_type     = stream
        wait            = no
        only_from       = 127.0.0.1
        user            = root
        server          = /usr/sbin/swat
        log_on_failure  += USERID
        disable         = no
}

起動&自動起動設定

# /etc/init.d/smb start
# chkconfig smb on

ファイアウォール(/etc/sysconfig/iptables)の追加記述

-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 137 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 139 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 901 -j ACCEPT
  • 作業完了後に再起動(/etc/init.d/iptables restart)

swatの起動設定(/etc/xinet.d/swatの編集)

  • IPアドレスを指定
  • disabledをnoにする
  • /etc/init.d/xinetd restartで再起動
  • http://ホスト名:901/でアクセス(http://をつけること!)

グローバル設定例

  • ※注意:UnixのlocaleはUTF-8にすること
    [global]
           workgroup = MYGROUP
           server string =
           interfaces = 192.168.131.0/24
           log file = /var/log/samba/%m.log
           max log size = 50
           dns proxy = No
           idmap uid = 16777216-33554431
           idmap gid = 16777216-33554431
           cups options = raw

共有設定例

  • Unixユーザを追加し、ホームディレクトリにディレクトリfilesを作成する
  • パスワードはswatで設定すると便利
    [sebisawa]
            path = /home/sebisawa/files
            write list = sebisawa
            read only = No

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (444d)