目次

内容

データの型

参考

使えるデータの型

PowerPivot UI のデータ型DAX のデータ型説明
整数64 ビット (8 バイト) の整数値 1、2小数点以下を含まない数値。整数は正の数値または負の数値のどちらも有効ですが、-9,223,372,036,854,775,808 (-2^63) ~ 9,223,372,036,854,775,807 (2^63-1) の範囲の整数でなければなりません。
小数64 ビット (8 バイト) の実数 1、2小数点以下を含む数値。実数では次の
うな幅広い値が有効です。
負の値 (-1.79E +308 ~ -2.23E -308 の範囲)
ゼロ
正の値 (2.23E -308 ~ 1.79E + 308 の範囲)
ただし、有効桁数は小数点以下が 17 桁に制限されます。
TRUE/FALSEブール値True または False のいずれかの値。
テキスト文字列Unicode データ文字列。文字列、数字、またはテキスト形式で表現される日付を使用できます。
文字列の最大長は、268,435,456 Unicode 文字 (256 メガ文字) または 536,870,912 バイトです。
日付日付/時刻許容された日付時刻表現による日付および時刻。
1900 年 3 月 1 日より後のすべての日付が有効です。
通貨通貨通貨データ型では、-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807 の範囲の値 (小数点以下が 4 桁で有効桁数が固定長) が有効です。
N/A空白空白は、DAX では SQL の NULL に相当するデータ型です。空白を作成するには BLANK 関数を使用し、空白かどうかをテストするには論理関数の ISBLANK を使用します。

schema.ini

参考情報

注意点など

  • 文字コードは指定できないらしい
  • DateTimeFormat="MM/DD/YYYY"、で日付の書式を指定できる
  • PowerPivotで利用できるデータ型は次のとおり
    • Boolean
    • Currency
    • Datetime
    • Double
    • Long
    • String
    • Timespan
  • 次のデータ型は利用できないので、Longにマッピングされる
    • integer
    • bigint
    • int
    • smallint
    • tinyint
  • PowerPivotの扱える型と、schema.iniで扱える型は異なる。桁あふれを防止する場合は Textと指定して取り込む

TIP集


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (446d)