目次

内容

参考

概要

  • Windows8でActivePerlのCPANが使えたので備忘録として残しておく

注意事項

環境

  • Windows8 Pro
  • Perl5.12を使用

namkeの準備準備

  • nmakeを使うためMS VisualC++ Express(無償)をインストールしておく
  • 「C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin」を環境変数PATHに登録する
    • フォルダ名等をMS-DOS形式にしなくても、パスにスペースが含まれていても大丈夫だった。

CPANコマンドの利用方法

  • 「C:\Perl\bin」を環境変数PATHに登録しておけば、コマンドプロンプトからcpanコマンドが使える
  • コンパイルが必要となるモジュールでは、次をコマンドプロンプトで実行して環境変数をセットする
    C:\>cd "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin"
    C:¥Program Files¥Microsoft Visual Studio 10.0¥VC¥bin>vcvars32.bat
    Setting environment for using Microsoft Visual Studio 2010 x86 tools.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (442d)