目次

内容

参考

使い方

テンプレートによるHTMLの生成

  • 連想配列に引き渡す値をセットしてt_includeの引数として指定する
    require_once("htmltemplate.inc");
    $html = &htmltemplate::getInstance();
    $html->t_include("../templates.html", $data);
    exit;

条件分岐

  • $data["flag"]がtrueのときに表示
    <!--{def flag}-->
    変数がセットされています
    <!--{/def}-->
  • $data["flag"]がfalseのときに表示
    <!--{ndef flag}-->
    変数がセットされています
    <!--{/ndef}-->

ループ

  • 変数のセット
    $data = array(
        "list" => array( "a", "b" )
    );
  • テンプレート側の記述
    <!--{each list}-->
    セットされた値:{val list}<br />
    <!--{/each}-->
  • 結果
    セットされた値:a
    セットされた値:b

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (444d)