目次

参考情報

作業内容

freetype-develのインストール

  • PHPコンパイル時にfreetype.hが必要になるのでインストールが必要
    # up2date -i freetype-devel

PHPのコンパイル

  • 次のオプションをつけてPHPをインストールしなおす
    --with-gd \
    --enable-gd-jis-conv \
    --enable-gd-native-ttf \
    --with-freetype-dir=/usr/include/

フォントのインストール

  • ダウンロードして解凍
    # wget http://www.grass-japan.org/FOSS4G/ipafonts/grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz
    # tar -xzvf grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz
  • ディレクトリにコピー
    # mkdir -p /usr/share/fonts/ja/TrueType
    # mv fonts/*.ttf /usr/share/fonts/ja/TrueType

JpGraphのインストール

  • インストール先や一時領域を作成
    # mkdir /tmp/jpgraph_cache
    # chmod 777 /tmp/jpgraph_cahche
  • ダウンロードしてインストール先にコピー
    # wget http://www.asial.co.jp/jpgraph/bin/jpgraph-2.1.4.tar.gz
    # tar -xzvf jpgraph-2.1.4.tar.gz
    # mv jpgraph-2.1.4/src /usr/local/lib/php/JpGraph

jpg-config.incの編集

  • 41行目くらい
    DEFINE("CACHE_DIR",   "/tmp/jpgraph_cache/");
    DEFINE("MBTTF_DIR",   "/usr/share/fonts/ja/TrueType/");
  • (もし違っていたら編集)76行目くらい
    DEFINE('MINCHO_TTF_FONT','ipam.ttf');
    DEFINE('PMINCHO_TTF_FONT','ipamp.ttf');
    DEFINE('GOTHIC_TTF_FONT','ipag.ttf');
    DEFINE('PGOTHIC_TTF_FONT','ipagp.ttf');

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (442d)