目次

内容

情報元

便利ツール

MySQL Workbench

注意

  • データベース名にハイフンは使えないみたい

mysqladminによるデータベース管理

ルートパスワードを変更

# mysqladmin -u root password <パスワード>

データベースの作成

# mysqladmin -u root -p create <データベース名>

データベースの削除

# mysqladmin -u root -p drop <データベース名>

mysqlクライアントによるデータベース操作

ログイン方法

# mysql -u 【ユーザ名】 [-p] 【データベース名】
  • 「-p」でパスワード認証を実施
  • データベース名がない場合はユーザ名と同じデータベースが使用される

データベースの選択や変更

mysql> use 【データベース名】;

現在選択されているデータベースを取得

mysql> SELECT DATABASE();

カレントデータベースに含まれるテーブルを取得

mysql> SHOW TABLES;

データベースの作成

mysql> CREATE DATABASE 【データベース名】;

データベースの削除

mysql> DROP DATABASE 【データベース名】;

ユーザの追加&権限の変更

mysql> grant all on 【データベース名】.* to 【ユーザ名】@localhost identified by '******';
mysql> flush privileges;

ユーザ権限の確認

mysql> show grants for 【ユーザ名】;

実行中のプロセスを確認

mysql> SHOW FULL PROCESSLIST;

テーブル操作

テーブル情報の取得(やりかたは2つ)

mysql> DESCRIBE 【テーブル名】;
mysql> SHOW FIELDS FROM 【テーブル名】;

テーブルの作成

mysql> create table 【テーブル名】(
    -> 【フィールド名】 【フィールド型】,
    -> );

テーブルの削除

mysql> DROP TABLE 【テーブル名】;

レコード操作

レコードの追加

mysql> insert into 【テーブル名】(【フィールド名】) values('【値】');

レコードの一括登録

  • mysqlクライアントで行う場合
mysql> LOAD DATA INFILE "【ファイル名】" INTO TABLE 【テーブル名】;s
  • シェルから実行する場合
# mysqlimport -u 【ユーザ名】 -p 【データベース名】 -L 【ファイル名】
  • ファイル名はテーブル名と同じにする(拡張子は無視)
  • ファイルの書式は次のように指定
--fields-terminated-by=,
カンマ区切り(指定しないときはタブ区切り)
--fields-optionally-enclosed-by=\"
ダブルクォーテーションで囲んでいる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (446d)