目次

内容

送信される情報

携帯計測

参考URL

パラメータ名で気づいたこと

公式サイトにあった項目

変数説明サンプル値
utmacアカウント文字列。すべてのリクエストに表示されます。utmac=UA-2202604-2
utmccCookie 値。このリクエスト パラメータは、ページから要求されたすべての Cookie を送信します。utmcc=__utma%3D117243.1695285.22%3B%2B __utmz%3D117945243.1202416366.21.10. utmcsr%3Db%7C utmccn%3D(referral)%7C utmcmd%3Dreferral%7C utmcct%3D%252Fissue%3B%2B
utmcn新しいキャンペーン セッションを開始しますutmcn または utmcr は任意のリクエストで示されます。キャンペーン トラッキング データを変更しますが、新しいセッションは開始しません。utmcn=1
utmcr反復キャンペーン訪問を指定します。この変数は、その後、同じリンクがクリックされると設定されます。utmcn または utmcr は所定のリクエストで示されます。utmcr=1
utmcsブラウザの言語エンコード。ブラウザによってはこの変数を設定しないものがあります。その場合、"-" に設定されます。utmcs=ISO-8859-1
utmdtページ タイトル。URL エンコード文字列です。utmdt=analytics%20page%20test
utme拡張パラメータ値がエンコードされます。イベントとカスタム変数に使用されます。
utmflFlash のバージョンutmfl=9.0%20r48&
utmhnホスト名。URL エンコード文字列です。utmhn=x343.gmodules.com
utmipc商品コード。ある製品の SKU コードです。utmipc=989898ajssi
utmipn製品名。URL エンコード文字列です。utmipn=tee%20shirt
utmipr単価。アイテム レベルで設定されます。値は、アメリカの通貨形式の数値に設定されます。utmipr=17100.32
utmiqt数量。utmiqt=4
utmivaアイテムのバリエーション。たとえば、大、中、小、ピンク、白、黒、緑などです。文字列は URL エンコードです。utmiva=red;
utmjeブラウザが Java 対応かどうかを指定します。1 は True です。utmje=1
utmnGIF 画像のキャッシュを防ぐために GIF リクエストごとに生成される一意の ID。utmn=1142651215
utmp現在のページのページ リクエスト。utmp=/testDirectory/myPage.html
utmr完全な参照 URL。utmr=http://www.example.com/aboutUs/index.php?var=selected
utmsc画面の色深度utmsc=24-bit
utmsr画面の解像度utmsr=2400x1920&
utmtリクエストの種類を示します。種類には、イベント、トランザクション、アイテム、カスタム変数があります。この値が GIF リクエストで示されていない場合、リクエストの種類はページとなります。utmt=event
utmtci請求先住所の都市:utmtci=San%20Diego
utmtco請求先住所の国:utmtco=United%20Kingdom
utmtid注文 ID。URL エンコード文字列です。utmtid=a2343898
utmtrg請求先の地域。URL エンコード文字列です。utmtrg=New%20Brunswick
utmtsp送料。単価と価格の数値です。utmtsp=23.95
utmtstアフィリエーション。通常、e コマースの実店舗アプリケーションに使用されます。utmtst=google%20mtv%20store
utmtto合計。単価と価格の数値です。utmtto=334.56
utmttx税金。単価と価格の数値です。utmttx=29.16
utmulブラウザ言語。utmul=pt-br
utmwvトラッキング コードのバージョンutmwv=1

その他、見つけた項目

utms
ビーコンが送信されるたびに1ずつ増えていく
utmu
不明、6AAAAAAw~とか意味はなさそうだが・・・。
utmni
イベントトラッキングで「non-interactive」をtrueにすると出現

Cookieについて

_setAllowHashの挙動

  • _setAllowHashを有効にすると、今までのユニーク識別子がクリアされた上でドメインハッシュが無効になる
    • オプションを有効にする前のutma
      241295958.505151191.1323277093.1327334985.1327842637.14
    • オプションを有効にして再アクセスしたときのutma
      1.965237938.1327842790.1327842790.1327842790.1
      • 2番目の項目が「505151191」から「965237938」に変わり、最後のセッション数も14から1になっている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (442d)