目次

内容

参考情報

アドインの作り方

  • 適当なExcelファイルのマクロモジュール箇所にマクロを記述
  • ファイルをExcelアドオンとして保存
    • 保存先は「C:\Documents and Settings\UserName\Application Data\Microsoft\AddIns」以下になる

アドインの読み込み

  • Excelメニューの「ツール」→「アドイン」を選択
  • 作成したアドインにチェックを入れる

アドイン読み込み時にメニューをセット

  • アドインを読み込んだ状態でVisual Basic Editorを開く(Alt + F11)
  • 左に表示されるプロジェクトからアドインの「ThisWorkbook」をダブルクリック
  • スクリプトペインに次を記述
    Option Explicit
    
    Private Sub Workbook_AddinInstall()
        Dim Menu, SubMenu1
        Set Menu = Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Controls.Add(Type:=msoControlPopup)
        Menu.Caption = "モジュール名"
        ' サブプロシージャの設定
        Set SubMenu1 = Menu.Controls.Add
        SubMenu1.Caption = "サブプロシージャ名"
        SubMenu1.OnAction = "サブプロシージャ名"
    End Sub
    
    Private Sub Workbook_AddinUninstall()
        Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Controls("モジュール名").Delete
    End Sub

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (442d)