目次

内容

目的

  • Excelでは65,535件以上のデータを扱えない
  • SAS等のソフトは気軽に使えない
  • そこで、ExcelとAccessを併用する方法を以下に示す

注意

  • Officeのアドオン「Microsoft Query」が必要になるので、初回だけ管理者権限が必要

手順1 - データベースの用意

  • Accessを起動し、空のデータベースを作成
  • 「ファイル」の「外部データの取り込み」を選択し、テキストファイルを取り込む
import.png
  • インポートが完了したらデータベースを閉じる

手順2 - Excelピボットの利用

  • Excelを起動
  • 「データ」の「ピボットテーブルとピボットグラフ レポート」を選択
  • 「分析するデータのある場所を選択してください」で「外部データソース」を選択して「次へ」をクリック
  • 「データの取り出し」をクリック
get_data.png
  • 「データソースの選択」で「MS Access Database*」を選択して「OK」をクリック
select_src.png
  • 「データベースの選択」で作成したAcccessファイルを選択
select_file.png
  • 「クエリウィザード - 列の選択」で利用するテーブルを選択して「>」をクリック
select_table.png
  • 「次へ」を複数回クリック
  • 最後の画面で「Microsoft Excelにデータを返す」を選択して「完了」をクリック
  • ピボット設定画面に戻るので、後は通常のピボットと設定は同じ

結果

  • 集計結果が82262件(65565件以上)であることが確認できる
pibot.png

添付ファイル: fileimport.png 169件 [詳細] filepibot.png 176件 [詳細] fileget_data.png 168件 [詳細] fileselect_table.png 173件 [詳細] fileselect_file.png 172件 [詳細] fileselect_src.png 192件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 19:27:03 (446d)